精神安定

プエラリアは使用しない方がいい場合とは

プエラリアは更年期障害の緩和やバストアップなど女性に嬉しい効果があるため人気の成分です。
しかしプエラリアは女性ホルモンに強く働きかけるため使用しない方がいい場合があります。
女性の体は卵胞ホルモンであるエストロゲンの分泌が盛んな卵胞期と、黄体ホルモンであるプロゲステロンの分泌が盛んな黄体期によってホルモンバランスが保たれています。

プエラリアは卵胞ホルモンであるエストロゲンと似た働きをする植物性エストロゲンや、エストロゲンを活性化させるミロエステールを多く含んでいます。
そのためエストロゲンが減少しプロゲステロンが増える黄体期にプエラリアを摂取すると、エストロゲンが減少しないため排卵が遅れたり不正出血を引き起こす可能性があります。

また妊娠中や産前産後は女性ホルモンの分泌が多く、ホルモンバランスも不安定になっているためプエラリアの摂取は控えた方がよいでしょう。
特に妊娠中や授乳中の場合は、胎児や赤ちゃんへ影響を与える可能性もあるため自己判断せずに医師に相談することをお勧めします。

病気を抱えている人や薬を服用している人も注意が必要です。
プエラリアはホルモンバランスに関わる成分のため、病気を悪化させたり薬によっては作用を妨げる可能性もあります。
サプリメントの摂取は医師に相談すると安心です。