精神安定

プエラリアミリフィカと排卵の関係

女性ホルモンにはプロゲステロンとエストロゲンの2種類があります。
生理から14日間はエストロゲンが優位になり、排卵後はプロゲステロンが優位になります。
排卵から14日後にプロゲステロンとエストロゲンの両方が減少して生理が始まります。
このように28日周期で女性ホルモンのバランスが保たれているのです。

プエラリアは女性ホルモンのエストロゲンと似た働きをしてくれる植物性エストロゲンを含んでいます。
またエストロゲンの働きを活性化させるミロエステロールも含まれているため、排卵時期にプエラリアを摂取しているとエストロゲンが減少しないため排卵が遅れることもあります。

プエラリアは女性ホルモンに対して強い効果を発揮するため、更年期障害や生理不順など女性ホルモンの減少やホルモンバランスが崩れた人に効果があります。
そのため女性ホルモンが正常な人が過剰摂取すると、逆に不正出血や排卵異常などの症状を引き起こす可能性があります。

またサプリメントによって女性ホルモンを活性化させることで、体本来のホルモンを作り出す機能が低下してしまい不妊症の原因となることもあります。
プエラリアは女性ホルモンに強い影響を与えるため、摂取する時は摂取方法や摂取量をきちんと守ることが大切です。
また、こちらのプエラリアのサプリメントの選び方についても参考にご覧ください。